トップ > 社会福祉および社会学に関する書籍 > 認知症ケア環境事典

認知症ケア環境事典

日本建築学会/編

A5判 266頁 2009年5月10日刊行
 
ここ十数年の間,認知症ケアのパラダイムは大きく転換し,「ケアの向上には,よい環境が不可欠である」と認識されるようになりました. 実際にグループホームやユニットケアなど新しい居住形態が登場するとともに, 家庭的なしつらいや家具レイアウトなどのケア環境の改善に関する試みも広く実践されるようになってきました.
 
本書は,こうした実践について分かりやすく体系的に整理したものです. まず,認知症ケア環境の基本的な考え方(1章)を述べたうえで,生活場面からみた認知症ケア環境のあり方(2章)について留意点を整理し, 次に,介護現場で問題となるさまざまな症状・行動への環境的対処(3章)について,Q&Aの形式でまとめています.読む順番は最初からではなくてもよく, 目次から知りたい環境的な対処を読み,その後,1章や2章の一般論に戻ることもできます. また,関連する内容が他のページにも書かれている場合は,注として関連項目やページを掲載したほか,4章に建築的な専門用語など, 認知症ケアにかかわるキーワードを解説しています.こうした注も参照することで,より深く内容を理解いただけるでしょう.
〜「はじめに」より抜粋
商品コード : 237
製造元 : 日本
価格 : 3,200円+税
ISBN 9784863510104
数量
 

日本

品切れ
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ